• やればできるコーチ

シドニーの思い出(ホテル火災)

〇〇さん。お久しぶりです。

お誕生日おめでとうございます。

シドニーで会っただけですが、FBでご活躍を拝見しています。

ICF CONVERGE SYDNEY の時、

私が宿泊したホテルに火災(ぼや?)が午前中にあって消防車などが来たことがあったらしく、

ホテル館内は停電でした。

「今晩は宿泊できないので他のホテルを紹介するから、ここに行って欲しい」と言われ地図で示されました。エレベーターは停止中。停電中。

「渡辺さん、荷物を持って早く出てください(日本人がいましたのて日本語でした。安心。)」

8階の部屋へ非常階段を登って荷物を急いでpackし、重い荷物を持って、踊り場で休み休みしながら一階まで降りて、海外用の重いスーツケースを引きずりながら指定された場所へ行きホテルを紹介され無事に宿泊できました。

懐かしい思い出です。

さらなるご活躍を祈念しています。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご卒業おめでとうございます

御卒業おめでとうございます ○○ 渡辺一廣 早いもので「東光」の原稿を書くのも私にとってこれが最後となりました。思いつくままに記してみたいと思います。 君たち卒業生は、創立六十周年の記念の年に卒業することになりました。記念すべき年の卒業生です。本校の歴史の節目に卒業することになります。定時制生徒にとって「卒業する」ことが、いかに大変であるかと言うことは今も昔も変わることのない事実でしょう。○○地区

孫の運動会

2013年9月18日(木)は、孫の運動会。 まだ園児ではないので予備参加でした。 お互いの初孫ですので、大分からもご両親がきて、両家族で楽しみました。 大分のおじいさんに抱かれての入場、母親との障害レースなど楽しい半日を過ごすことができました。 参加者数の多いのには、びっくり。 園児。保護者(親、祖父、祖母等)ざっと推計すると、300人。すごい数ですね。 帰り際に、先生に園児の数を尋ねると、約30

プロコーチが使う秘伝を学び、コニュニケーション力をアップし、どんな人とも人間関係を円滑にしませんか?

Before After 私は自他とも認める「聴き下手」でした。ところがところが、ある日突然、聴き上手人になっている自分を発見しました。それは、なーんでか? 良く考えると、コーチングの1つのスキル・Active Listeningを使っていることに気づきました。この経験は、初体験で別世界を覗いているような感覚におちいりました。聴くこと聴くことが別世界でこんな世界があるのだろうかと思いました。まるで