• やればできるコーチ

全国の先生へ(【遅刻が常習化している生徒の指導】)

最終更新: 2019年10月3日

テーマ:気づきを与えるコーチング

全国の先生。おはようございます。コーチ渡辺です。【遅刻が常習化している生徒の指導】に一案が浮かんできました。


遅刻する子に


「遅刻するな」「早く寝なさい」「何回言ったらかわかる」など言うのではなく、


「遅刻しないようにするにはどんな方法がある?」「遅刻しないで来るとどんないいことがあるでしょう?」「どんな気持ちになる」と子供に質問するといろいろ子供なりに考えるでしょう。「そうね。それは素晴らしいアイデアだね。すごい!いつから始める? 続けるには何かいい方法があるかね?先生も応援するよ」「君ならできるよ。頑張ってね」。


「遅刻するな」「早く寝なさい」「何回言ったらかわかる」などの指示命令型指導から質問型指導へ視点シフトをするのがコーチングの考え方です。


「先生だったら、もっと早く寝るね」


とそっとヒントを伝える裏技も有効でしょう!


子供の成長を信じて日頃から子供👶の話をよく聴き、認知し愛情を持って接っし続けましょう。


(基本的な生活習慣をつけるのは学校•家庭,先生•生徒の協同作業ですね。)



79回の閲覧

最新記事

すべて表示

孫の運動会

2013年9月18日(木)は、孫の運動会。 まだ園児ではないので予備参加でした。 お互いの初孫ですので、大分からもご両親がきて、両家族で楽しみました。 大分のおじいさんに抱かれての入場、母親との障害レースなど楽しい半日を過ごすことができました。 参加者数の多いのには、びっくり。 園児。保護者(親、祖父、祖母等)ざっと推計すると、300人。すごい数ですね。 帰り際に、先生に園児の数を尋ねると、約30

プロコーチが使う秘伝を学び、コニュニケーション力をアップし、どんな人とも人間関係を円滑にしませんか?

Before After 私は自他とも認める「聴き下手」でした。ところがところが、ある日突然、聴き上手人になっている自分を発見しました。それは、なーんでか? 良く考えると、コーチングの1つのスキル・Active Listeningを使っていることに気づきました。この経験は、初体験で別世界を覗いているような感覚におちいりました。聴くこと聴くことが別世界でこんな世界があるのだろうかと思いました。まるで

シドニーの思い出(ホテル火災)

〇〇さん。お久しぶりです。 お誕生日おめでとうございます。 シドニーで会っただけですが、FBでご活躍を拝見しています。 ICF CONVERGE SYDNEY の時、 私が宿泊したホテルに火災(ぼや?)が午前中にあって消防車などが来たことがあったらしく、 ホテル館内は停電でした。 「今晩は宿泊できないので他のホテルを紹介するから、ここに行って欲しい」と言われ地図で示されました。エレベーターは停止中

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。